スキンケア

ニキビのメカニズム

ニキビケアをする

ニキビは、肌のトラブルが起きた時に出来るもので、ニキビに悩む人は男女問わず多く存在します。
ニキビが出来る主な原因は、肌に皮脂と呼ばれる成分が溜まることです。
毛穴に皮脂が溜まり、それが詰まってしまうことによって毛穴が炎症を起こします。炎症を起こした部分は赤く腫れ上がり、それがニキビになるのです。
基本的なニキビの仕組みは上記に記したものとなっています。この症状を改善する為には、まず毛穴の詰まりを改善し皮脂をコントロールする必要があります。

皮脂が肌に溜まる原因は、大きく分けて2種類あります。
それは、心理的なものと身体的なものの2つです。
どちらが作用してできたニキビだったとしても、症状は一緒です。しかし、要因に合わせてニキビ改善を行なわなければ肌荒れが酷くなり、ニキビの数が増える原因になります。
ニキビを繰り返したくない場合には、自分の原因に合わせたニキビ改善を行なうことが大切です。

心理的なことが原因で起きるニキビを改善するためには、ストレスの原因を探し出しそれを無くしていくことが大切です。
ストレスが溜まりやすい人は脂症の肌になりやすく、皮脂が発生しやすくなります。
人間の身体にストレスがかかると皮脂が過剰分泌してしまい、ニキビができやすい肌になってしまうのです。
ストレス解消と同時にスキンケアを変更し、とにかく皮脂をコントロールしなければニキビは繰り返し出来てしまうようになります。

なぜストレスが多い人の肌に皮脂が溜まりやすくなってしまうかというと、ストレスと身体の代謝が大きく関係しているからです。
人間の身体は、ストレスを感じてしまうと自律神経と交感神経と呼ばれる神経細胞が過剰反応を起こし、身体の代謝機能が乱れてしまいます。
ストレスの少ない人の身体は、この代謝が正常で皮脂ができにくくなっていますが、ストレスを感じている人の場合、代謝が乱れてしまいホルモンバランスが崩れてしまうため皮脂ができやすくなってしまうのです。

人間の身体の代謝が乱れてしまうと、皮脂を生成する成分である副腎皮質ホルモンとよばれるホルモンが過剰分泌されます。
この副腎皮質ホルモンには、アドレナリンと呼ばれる物質とアンドロゲンと呼ばれる物質が含まれています。
このアドレナリンとアンドロゲンが皮膚に作用することでニキビができやすくなるのです。
そのため、ストレスが原因でできたニキビ改善を行なう際は、代謝を整えホルモンバランスを正常に保つことが大切になってくるのです。
また、代謝が乱れると男性ホルモンの分泌も活発化します。
男性ホルモンにはテストステロンとよばれる物質が含まれており、このテストステロンもアドレナリンやアンドロゲンと同じように皮脂の生成を促します。ですから、ニキビ改善を行なう際は男性ホルモンの分泌にも注意する必要があります。

身体的な原因

身体的な要因がニキビの原因となっている場合には、今生活している環境を改善する必要があります。生活環境は、心身に大きな影響を齎しているからです。
例えば、夏場などの暑い時期は血管が拡張されますが、エアコン等に当たりすぎるとニキビができやすくなります。

» 詳細を確認する

大人と思春期

ニキビには、大人ニキビと思春期ニキビの2種類があります。
それぞれその名の通り、思春期の頃に出来るニキビと大人になってから出来るニキビとなっており、出来る時期が違います。当然それぞれで原因が違いますから、改善方法も変化させる必要があります。

» 詳細を確認する

ニキビケアの方法

効果的なニキビ改善を行う際は、自分のニキビの種類を知ることが大切です。
ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビなどの種類があり、種類によってケア方法を変える必要があります。場合によっては美容外科に通う必要性が出る場合もあります。

» 詳細を確認する

オススメリンク

  • にきびの治療は皮膚科へ行って診てもらいましょう。跡も残らずにきれいに治してくれるので、きれいな肌になりますよ。
  • ニキビは皮膚科へ行って治してもらうといいですよ。あなたにあった方法できれいな美肌にしてもらいましょう!