スキンケア

大人と思春期

背伸び

ニキビには、成人以上の人に出来る大人ニキビと思春期の子どもに出来るニキビに分類することができます。
それぞれのニキビで出来る原因が変わり、ニキビ改善方法も違ってきます。
そのため、それぞれのニキビが出来る原因をしっかりと把握し、ニキビが出来る原因に合わせて効果的な改善策を行なうことが大切です。

大人ニキビといわれるものの原因には、男性ホルモンが多く分泌されることが関係しています。
男性ホルモンは、男性だけに存在するものではなく、女性の中にも存在しています。
女性にも男性ホルモンが存在しており、この男性ホルモンの割合が多くなると肌トラブルが起こりやすくなります。
女性の体内で男性ホルモンの割合が高まると、皮脂が過剰に分泌されるようになります。それはつまり皮脂詰まりを起こしやすくなり、ニキビが増える原因になります。
肌の上に角栓が増えると、雑菌に対向するバリア機能が失われてしまいます。
顔に付着する雑菌は皮脂を食べて炎症や詰まりを引き起こす原因ですから、男性ホルモンの分泌が過剰になること=ニキビが出来ることと大きく関係しているといえるのです。

思春期ニキビが出来る大きな原因は、席長期にホルモンバランスの乱れることによって皮脂分泌が過剰になることにあります。
皮脂が過剰に分泌されれば、毛穴詰まりが起こりやすくなり炎症を起こしてニキビになります。思春期ニキビは原因がわかりやすい為に、治療するのは比較的簡単です。
常に皮脂を洗浄するように肌を清潔にし、肌のバリア機能を守る為に保湿するという単純なケアで大幅に改善されるようになります。

思春期ニキビも大人ニキビのどちらも、発生する原因は皮脂に関係しています。
ニキビには進行具合があり、ニキビの進行速度によって改善方法が変わってきます。
効果的な改善方法を行なうことで、どちらのニキビも痕を残さず改善していくことができます。