スキンケア

身体的な原因

笑顔

自分の生活環境や食事の影響により、ニキビの症状が悪化してしまう場合があります。
身体的な要因とは、体温を急激に冷やしたり温めたりすることで身体が体温変化についていけず、自律神経が乱れてしまいニキビが発生してしまいます。
そのため、身体的な要因がニキビの原因になっている場合には、生活環境を変えて自律神経の乱れを改善し、ニキビ改善を行なう必要があります。

人間の身体は、自分で体温を調節する機能が備わっています。
この体温調節は、交感神経と副交感神経がお互いに作用しあうことで成立している機能です。今は夏にはエアコンがあり、冬場には暖房が至るところで利用されています。この影響によって外と室内の温度調節に体がついていけず、自律神経が乱れ人間が持っている体温調節が上手く使えなくなっている人が増えています。

空調機器の影響を受けずに生活することは不可能ですから、夏場は体を冷やし過ぎないように、冬場には冷えのぼせのような状態にならないように自分で防衛し、自律神経が正しく働けるようにする必要があります。
これにより、代謝がうまく動けるようになれば、体全体の血流が良くなってニキビを根本から治療していけるようになるのです。

身体の体温調節が上手くいかず、交感神経と副交感神経のバランスが乱れるとホルモン分泌が乱れてしまい、ニキビが増える原因になります。
自律神経はストレスに対応するための交感神経とリラックスしている時に働く副交感神経の二つに分けられています。自律神経が上手く機能することによってホルモンバランスを保っています。
しかし、急激な体感温度の変化により自律神経が乱れると、ホルモンバランスが崩れてニキビができやすくなります。
こうした身体的な要因は体感温度の変化だけで起こるものではありません。成長ホルモンの急激な増加や、風邪などの代謝低下時にも起きる可能性があります。

身体的な要因を改善するためには、生活環境を改善することが重要です。
生活環境を改善することで効果的にニキビを治療することができ、肌のトラブルの改善以外にも身体の健康を取り戻すことに繋がります。

エコな生活を心がけることで、無駄な暖房や冷房の使用を押さえることが出来るようになります。それにより自律神経が正しく機能すれば体温調節もホルモンバランスも自然と改善されるようになるのです。